Cinema Clip

ネタバレだらけの映画感想。和洋問わず古い作品が多め。

好き曲・好きバンドを語る【ユニコーン・民生ソロ編】

※この記事は音楽批評ではなく、一ファンが自分の好みで好き勝手に書いているだけのものです。
大目にみてやってください。



まずは長年愛するユニコーンから。

ユニコーン

王様の耳はイタチの耳

楽しそうなおっさんたちだな。最高だ。


1987年デビュー。
初期はごくごく普通のロックバンド。
阿部ちゃん加入をきっかけに、コミックバンドギリギリの線な雰囲気になってゆく。

メンバーの個性がてんでバラバラ。
終盤は個性の宝庫でアルバム内はとっちらかり状態。
それがまた良いんだけど。

バカやらせたら日本国内バンドではトップクラス。←のえ調べ
事務所の社歌を作る(歌詞は事務所の住所と電話番号)、TMNを堂々とパクる、ライブでソファに寝転がったまま歌う、阿部ちゃんがエルビスでやりたい放題等。

徐々にみんなソロ活動を始め、徐々にバンド内にも微妙な溝が・・・

西川くん、突然脱退。
ただでさえまとまりのなかった状態だったのが更にまとまりない状態になり、阿部ちゃんの奮闘も実を結ばず。
1993年、解散。

が、2009年、突然再結成。
昔のノリのまま、現在に至る。
西川くんとえびちゃんの老けなさっぷりに衝撃を受ける。
テッシーは『これでテレビ出るのはやばい』くらいの風貌にw
どんどん痩せていったので良かったけど。

昔は一応西川さんがリーダーだったが、今は実質阿部ちゃんがまとめているらしい。


再結成、正式発表の2,3日前から噂は聞いてたんですが、『まさか』と。
今までの民生の口ぶりからいって、まずありえないと思ってたし、夢にも思わなかった。
が、公式の発表を見たときはもう、興奮のあまり声も出ず・・・

その当時の雑誌の、民生の嬉しそうな笑顔といったら、そりゃもう・・・破顔!!て感じの笑顔で。
やっぱり、ユニコーン続けたかったんだね。『俺のバンドはユニコーンだけ』って言ってたもんね。
今思い出してもあの民生を見た時の感動は・・・うーん。
民生、本当に良かったね。と。



では個人的良曲を5つほど。


人生は上々だ

麗しいホモソング。
終盤の民生と阿部ちゃんのやけくそっぷりが素敵。
コミカルな中に、少々の哀愁も漂う。


『PTA〜光のネットワーク〜』

TMNを堂々とパクるという暴挙に躍り出た一品。
これも楽しくて大好き!
TMN宇都宮のダンスにこの曲を当てはめたらバッチリ合体してしまった、奇跡の『宇都宮体操』なんてのもあります。これがおもしろいんだまた。
つべかニコにあると思うので是非。


立秋

これは阿部ちゃん曲。
阿部ちゃんの曲は、じわじわと曲の中に引き込むような力があってどれも好き。
中でもこれは秀逸。
ちなみに阿部ちゃん曲と民生の声の組み合わせは最高だと思っている。


『開店休業』

ニートソング。
だらだらしててやる気が失われる曲w
でも肩の力が抜けていくような、ぼんやり心地良いような。
民生っぽいけど、実はこれも阿部ちゃんの曲なんだよね・・・


『ひまわり』

これも阿部ちゃんの曲。だったかな。
結婚式に最適!イントロが優しくて泣いちゃう。
って事で、式挙げる時は入場曲に絶対これ使おうと思ってたんだけど、残念ながら式をやる事は今後もなさそうだ。
穏やかな何気ない日常を書き出してて、普通の小さい幸せに気付かせてくれる、これも素敵な曲だよなあ。


『リンジューマーチ』

私が死んだら、この曲を出棺の際に流していただきたい。
マーチっていうだけあって、死んでるくせにルンルンです。
楽しげなあの世行きソング。



あ、ごめん6曲になっちゃった・・・5曲だけ選ぶって難しいな。
民生ファンなのに阿部ちゃんばっかになっちゃった。
ユニコーンは基本楽しい気分になれる曲が多い。
あのノリが好きなんだな。
パニックアタックっていうアルバムに唯一『眠る』っていうちょっと鬱っぽい曲があるんだけど、その次に『ツイストで目を覚ませ』っていう曲が続くので悲壮感が一気に消失w


最近の曲はというと、もちろん今後も長くお付き合いしたい曲はあるんだけど、その場のノリ一発的な曲も多くて。
つまり、一度聞けばそれで良い、という曲も多い。
それがユニコーンらしいといえばらしいんですがね。それはわかってるんだけど。
正直、今度もアルバムも楽しみでありながら、買おうかどうしようかかなり迷っている。


王様の耳はイタチの耳

このコンビのおバカノリが最高。
あべたみのハモリは最高!
民生の声と西川くんのドラムの組み合わせは最高!
神バンド。

ライブ行きたいよーーー


すいません、追記。
大事な曲忘れてた!!


【Finally】
【逆光】

こ2曲、切なくて素晴らしい。
この頃の民生の声と曲がすごく合ってる。

若い頃の民生の声は、今みたいな太さや力強さはあまりないんだけど、儚くて高音が出るか出ないかのちょっと苦しげな感じがあったりして、バラード系に凄く合うなあと思う。


奥田民生ソロ】

王様の耳はイタチの耳

かっこいいな!!
これぐらい髪長い方が好きだ。
そしてサングラスを取ってほしい。
かわいいラクダ目をもっと見せていただけたらありがたい。


生き方考え方、言動、あらゆる面においてこの人から影響を受けました。
私は小さい頃からくよくよ気にし過ぎ人間でしてね・・・
なのでこの人のあの独特のただずまいはねえ、もう、憧れましたね。
女だけど、この人みたいになりたい!と思って、必死で近づこうとしてました。

私の神様です。



『トロフィー』

二十歳前後、原稿に身が入らずもがいていた私の尻をひっぱたいてくれていた曲。
特別励ますわけでもなく、でも『ついていかなきゃ』と気分を持ち上がらせてくれる。
最後の『君には何が見える』という言葉に悶々としたものです。


『それがなにかとたずねたら』

究極のだらだら。
「人間なので 反省などいたしません」の言葉で、あらゆる事がどーでもよくなる見事な一品。


『ハネムーン』

こーれーはー。重い。
ちょっと病んでる?ってくらいの重過ぎておっかない結婚ソング。
でもそれがいい。こうゆうちょっと狂気染みた曲は好き。


『陽』

これはどうやら、パフィーに宛てた曲らしい。
これから芸能界の波に揉まれていくであろう二人の未来を遠くから案じつつ送り出してるような詞。
っていう背景を抜きにしても、これは名曲だと思う。
鬱で落ちてる時とかじゃなくて、何か悩みに直面した時に、優しく尻をひっぱたいてくれます。
後ろから見守ってくれてる感じが凄く好き。


『厳しいのである』

これも二十歳前後の頃、聴きまくって泣きに泣いた。
締め切り前の様子?みたいな曲なんだけど。
この人なんでこんな歌詞書いたんだろう、と思った。本人のイメージと全く違う。
自分の理想に手が届かずもがいて、それでも理想だけが一人歩きして挫折して、それでも理想だけはすごいんだぞ、と。
この歌詞は当時の私にグッサグサと突き刺さった。
好きな曲なんだけど、当時を思い出してしまうのであまり頻繁には聴けない。



ユニコーンと民生に関しては好きな曲が多すぎるので、今パッと思いついたものを挙げてみました。

楽しいけど好きな曲を限定して挙げるのは難しいな!
後で『しまった、あの曲・・・!』ってなってしまう。