Cinema Clip

ネタバレだらけの映画感想。和洋問わず古い作品が多め。

【好き曲を語る】TOSHIソロ後半戦 

!注意!
・好き過ぎて痛い表現を使ってるかもしれません。
・好き過ぎて余計なお世話的な発言があるかもしれません。
・けなしつつ愛でる人間なので、不愉快な表現があるかもしれません。
・パチンコから入った新参者なので至らない面が沢山あると思います。
・書き手の勝手な思い込みがたくさん入っている恐れがあります。
・文才が無いのでやたら長文です。 

以上、ご理解ください。
通りすがりのファンの方ごめんなさい、というか、読まないでください。爆
ほんと好き勝手書いてるだけなので・・・批判とかはどうかご勘弁を・・・



【TOSHIソロ※後半


王様の耳はイタチの耳
歌ってる写真にしろよ!


前半(ていうか前半後半に分かれる予定じゃなかったんだけど)見た目の話だけですいませんでした。

えーと、こっちの方もヒデソロの陰に隠れてたような印象なんですが。
実際、聴き覚えがあったのはとんがりコーンのCM曲くらいだった。

なんだかんだ、やっぱりトシの声が一番生かされてるのってヨシキの曲なんだなってところに結局辿り着くんですけど。
でもねー、ソロはソロで、なかなか。
聴いてると意外と良曲が多くてびっくり。
Xが『痛くて切ない』なら、トシソロは『優しくて暖かい』そんな感じ。
え、誰?っつーくらい別人なトシが楽しめて、なかなかおいしい。


5曲選ぶ前に、ちょっと小言。

4枚目のアルバムはとても苦手です。
こんな事思うの私だけかなあ・・・てか、考え過ぎ?
4th好きな方には先に謝ります。ごめんなさい。
なんかね、歌声だけそこにあって、曲の奥に本人の姿が見えてこないっつーか。
実際この時期、どの程度あっちの世界にどっぷりだったのかはわかりかねますが。
癒し・・・ヒーリングミュージック?
私には合わないってだけかもしれんけど。なんか狙ってやられちゃうとやらしくてあんまし、好きじゃないんだけど。
んー・・・、私のいろんな先入観のせいもあるのかもしれんけど。
あの団体の臭いがプンプンしてくるっつーか・・・
クレジット見たら結構あの嫁さんが関わってるようなので、なるほどねと納得しましたが。
トシのこの頃の歌声といったらそりゃもう大好きなんだけど。
全部の曲が嫌いってわけでもないんだけど。
だけどそれまでのトシの良さがなくなってしまってる感じがしてね・・・
癒しどころじゃねえよ、という事で4枚目はどうしても。



それじゃ・・・。
作詞作曲にご本人が関わっている曲の中から選んでみます。←つまり、M曲は含まない


made in HEAVEN

記念すべきソロデビュー作。
これは私の中では神曲
作詞は松井五郎さん。安全地帯の楽曲の作詞をしていた人です。
なので、悪いわけがないんですけど。
作曲がトシで、失礼な言い方だけど『こんな素敵な曲作れるなんて!』と感動した。
これはねー、ほんと良い曲です。泣けてくる・・・
きっと多くの人の力になる曲なんじゃないかなあって思います。
今のトシが歌うと説得力倍増。
大好きだなあ。


【Looming】

歌詞が意味深過ぎて当時ファンの間では話題になったらしい。
本人はその頃のテレビで『本気だったらシャレにならないw』って言ってますけど、逆にこんな事は思ってなかったら書けんだろ、と。
自分の心と葛藤してる・・・向き合ってる感じがストレートに伝わってきて、こうゆう部分を素直に出してきたっていうところが好き。
ギターがまたよくてね。詞も曲も良い。
しかし結局、とまどいと切なさどころじゃないものを置いて丘を降りちゃったんだな・・・


【Grace】

なんちゅー優しい歌い方をするんだ!!
私の頑ななひねくれ心がじんわり潤って、目から汗が・・・
このふわっと包み込むような優しい雰囲気がたまらん。
これこそ癒しだと思うんだ。これはほんとに良い。最高。
寝る前に聞けば安眠効果も抜群です。寝付きめっちゃ良くなったよw

この曲が入ってる3rdは、名盤だと思う。
本人が『Grace、素晴らしいですね〜』とか言ってるけどほんとに素晴らしいぞ!
作詞全部トシなんですけど。
言葉が凄く自然というか。素直というか。そんでもってストレートというか。
本人の素直な気持ちがそのまんま出てるというか・・・
とにかく優しいんだな、詞も歌声も。トシの一番優しい声が聴けるかもしれない。
『So-Long』も好きだなあ・・・あの一瞬の息遣いやばい。
気持ちがあたたかくなる、素敵なアルバムで大好きです。

ここがね、4thとの違いなんです。ここよ、ここ。
ここがね、私の中では、4thではほとんど感じられない。
路線自体は一緒だと思うんです。3rdも歌ってる内容自体は似たようなタイプだと思うけど。
うーん・・・たぶん、トシ自体がこうゆう人なんだと思う。
どちらかといえばこうゆう考え方を元々持ってた人なんだろうなっていう・・・ラジオの音源聴いててもちょっと思ったんだけど。
パワーストーンにえらいはまってたりとかw
だけどそれ自体は別におかしな事ではないと思うし・・・うーん、なんつったらいいんだろう・・・
私は別に、トシのそうゆう思想とかが好きなんじゃなくて、自分の気持ちを自分の言葉で素直に歌ってるトシが素敵だなあ、好きだなあと思ったわけで。
4thはね、あんましそうゆう感じがしなかったの。そうゆう事なんです、はい。



【幻の少年】

超ハイパー絶望的うつソング。
これを初めて聴いた時のショックは結構なもんでした。あんたこんなところまで来ちゃってたのかい、っていう。
葉加瀬さんもさぞびっくりしたであろう。
もう救いようのない・・・
しかもこうゆう気持ちを、ここまでドバっと吐き出してしまったあたりがね、あまりにもリアル過ぎて。
あの頃の悲鳴を聴いてるようで、心臓をえぐられるような感覚になる。
あのー、ヨシキのために完璧な楽器になりたいみたいな自分の気持ちと、それに反発して『僕は人間なのに』っていう気持ちに挟まれてきたわけですよね?
これって、究極の選択じゃないかと・・・どっちに転んでも自分の意思を曲げる事になるし。
それこそ身を削るようにつらいレコーディングしてきてそれでもここで悩むっていうのは、ヨシキに対するいろんな気持ちがいかにデカかったのか、っていう・・・で、そこを断ち切ってしまったわけだから、そうゆうのを考えると、ね。
そりゃあね、ぶっ壊れちゃいますよ。
個人的な事を言わせてもらうと、私もつい1年ほど前からはこの歌詞と同じような心境に何度も陥ってしまってたわけで。
それだけに、この曲の存在感のデカさは私の中では半端ないです。
聴くのはつらいけど。

この曲が入ってるアルバムは、例の4枚目のアルバムの次のアルバムで、解散後に出たアルバムです。
葉加瀬さんとのコラボなので、ソロって言っていいかどうかわかんないですけど。
全体的にかなりネガティブ。
私は基本ネガティブな曲好きなんですが、これはちょっとレベルが違うっつーか。
トシが書いたんじゃなくても、『これってまんまトシの事なんじゃ・・・』っていう曲もあって・・・
その中では、『Natural High』は希望があって明るくて、大好きです。←トシ作ではないけど
4thの頃よりこの時の方があっちの世界に行っちゃってたはずだとは思うんですけど。
でもこれは良くも悪くも、あの頃のそのままのトシの姿がリアルに見えてくるっつーか。個人的にはここポイント。
『さようなら』とか、最後まで直接伝える事ができなかったであろう本音だよね。最後の節はちょっと、なんとも言えんのですが。
更に、あの声と葉加瀬バイオリンの相性の凄さといったら鳥肌ものです。
好きっていうか、これはこれで凄いアルバムだと思う。


【エアポート】

覚醒後の曲から選ぶなら、個人的にはこれが一番・・・メロディーもこれが一番好きです。
他の曲もそうですけど詞がもろにナマなので、そこまでの経緯を知ればやっぱり胸に来るものがありますし。
で、また何が凄いって、ラスト手前で投下した本音という名の爆弾ですね。

『 ほ ん と は   い つ も   嫌 だ っ た 』  ←!!

彼が今生きているという奇跡に乾杯。
今後は幸せに、穏やかに生きられますよう心から祈る。

他にも『そこまで言っちゃって大丈夫なのか』的な暴走プロポーズソング、直球ど真ん中告白ソング、思わず茶を噴くロックなど、まあいろいろ・・・
ただ私、ライブも行けないですし好きになるのが遅すぎたものですから、まだ聴けてない曲もありまして。
ネットだけが頼りなのでね・・・星空のネプチューンとか聴いてみたいんだけど。←これも詞がかなり直球
とりあえず聴ける分聴いた感じでは、『10年のブランクってでかいな』と。
曲調は正直、詩旅時代を彷彿とさせるものが・・・さすがにああいうのを10年も毎日毎日歌ってりゃ、それは仕方ないよなあと思ったり・・・
傍から見たら、『うーん・・・』て感じになるんだろうなあと。
いやでも、今はこれでいいと思うのです。
自分の好きなように作るのが今は一番大切な事です。←上から目線ですいません
ていうか覚醒以降のこの声はなんなの。
あの声のツヤは一体どうゆうわけだね。




・・・痛い事書いてる?書いてるよねたぶん。
てか、長いよね!誰が読むんだこれw
自己満足だからいいけどさー。

ほんとはまだ言いたい事があるんですが(こんだけ書いといてまだ言い足らんのか)、私なんかがこれ以上あれこれ言うのはおこがましいので・・・←散々好き放題書いといて今更w
残りはついったーにブツブツつぶやくくらいにしときます。
ご本人とファンの方、好き放題書いてすいませんでした。


あ、でも最後に1つだけ。
この人好きだってなってから、あんまり後ろ向きな考え方をしなくなった。
今、気持ちだけは落ち着いてるのはそのせいもあるかもしれん。
なんかね、必死で生きてりゃいつか報われる時が来るよ、っていうのをね、見せつけられたというか。
見せつけられたって言い方はおかしいか・・・
でもとにかく、もの凄い説得力を持って、教えられたわけです。
私はこうゆう部分、わりと否定的な面があったので。どうせどうせ・・・みたいな。
もちろん、ご本人の力だけではなくて、ヨシキだったり周りの人の助けがあってこそここまで来れたわけですけど・・・
言葉だけじゃないからね。


歌から伝わってくるいろんな面。
歌声はもちろんなんですけど。
かっこよすなところ素直なところ優しいところ、突っ込みたくなるくらいストレートなところ、ちょっとかわいいところ、人間的にちょっと弱いところ。
もう全部ひっくるめて、もちろんとっかかりは歌ですけどその辺りを超えて、たぶんこの人自体が大好きです。
民生や玉置さんに向いてる好きとはちょっと違う感じ・・・なんだろうな、自分でもわからんけど。
まあとにかく、ベタ惚れです。

結局何が言いたいって、↑これが言いたかったw
このためだけにこんだけ長々と・・・

あー、スッキリした。