Cinema Clip

ネタバレだらけの映画感想。和洋問わず古い作品が多め。

『恋に落ちたシェイクスピア』

王様の耳はイタチの耳


1998年
監督:ジョン・マッデン
出演:ジョセフ・ファインズグウィネス・パルトロウジェフリー・ラッシュコリン・ファースベン・アフレックジュディ・デンチ

舞台は16世紀末のロンドン。作家のシェイクスピアは激しいスランプに陥っていた。そんな中、オーディションにやってきた美少年トマス・ケントを追って辿り着いた屋敷で美しいヴィオラという女性に会い一目惚れ。彼と、彼の大ファンであるヴィオラはたちまち恋に落ち、シェイクスピアはその勢いで一気に台本を書き上げ、トマス・ケントを主役にする。ところが・・・・


----------------------------------------------------------


何が衝撃って、あのコリンのデブっぷりよ。
まん丸やないか!!どうしたの!何があったの!だるまさんかと思ったよ!しかもあのエリマキトカゲ衣装のせいで首のあたりのお肉がこう・・・ああ、思い出しただけで涙が・・・あれから痩せてくれて本当に良かった。

シェイクスピアとなんだかんだやってるグウィネス・パルトロウはまあ楽しそうで幸せそう。あの祇園遊びみたいなやつも(当時CMでもこのシーンが流れててバカにしまくった記憶がある)彼女が喜んでるなら良いんじゃないか。笑っちゃったけど。
でもなんであんなにシェイクスピアに惚れたのか全く理解できない。そんなに魅力的だったかなあ・・・ああ、私が濃い顔苦手っていうのもひょっとしたら影響してしまってるのか?いやそれでも、あの二人の情事は見ててもなんとも・・・ただやらしいだけっていうか、観るに耐えなかった。だったらシェイクスピアのライバル?役だった名前忘れたけどルパート・エヴェレットが演った役とかさ、ベン・アフレックとかの方が全然かっこよかったと思うんだけど。エヴェレットかっこよかったよー最初誰だかわかんなかったけどかっこよかったよ。

上にも書いたけどデブってしまったコリンはグウィネスの婚約者であり、シェイクスピアと彼女の邪魔する悪者ウェセックス卿。嫌な奴でした。しかもへタレで。良いところ一つもナシ。いやーやっぱりかっこいいコリンが良いからさー、あんまりへタレ!って感じのへタレは似合わないよなー。でもこれはこれで貴重で良いんじゃないかとも思うけど。怒鳴り散らしてます。

というわけで、賞を総なめにした映画ですが、個人的にはイマイチでした・・・