Cinema Clip

ネタバレだらけの映画感想。和洋問わず古い作品が多め。

『フォー・ウェディング』

王様の耳はイタチの耳



1994年
監督:マイク・ニューエル
出演:ヒュー・グラントアンディ・マクダウェルクリスティン・スコット・トーマス、サイモン・キャロウ他

周りの友人たちから結婚式招待状が届くのに自分はなかなか結婚できない32歳英国独身男チャールズは、今日も結婚式の友達の介添人。ところが寝坊して大遅刻。そこで、同じく遅刻してやってきたアメリカ女キャリーと出会い一目惚れ。猛アタックの末、ベッドに連れ込む事に成功するが、翌朝にはケンカ別れ。
その後も結婚式やお葬式で二人は顔を合わせるが、やがてキャリーは大富豪と婚約し・・・


-----------------------------------------------

ヒューが可愛い!!
結婚式とかお葬式のシーンが多いから(葬式シーンは一度だけだけど)ヒューの礼服姿がたくさん拝める!似合う!あのださいボサ頭が良い!黒ブチのデカ眼鏡も良い!ヒュー好きならこういった所は間違いなく楽しめます(私はガッツリ楽しみました)。
役柄もまさしくヒューって感じでどもってたりオロオロしたり優柔不断優男って感じでピッタリ。チャールズのお友達も変り種だらけで楽しい。

しかし話の方はこれどうなの・・・いろいろ突っ込みたいところはあるけどあのラストは酷いだろう。だってそれからしばらく経って・・・とかならまだ許せるけど、結婚式の直後にくっついちゃうのはいかがなもんかと。嫁(になるはずだった人)があまりにも可哀そうじゃんか。コメディだからそこも面白おかしく描いてたけどさ、コメディなんだし良いじゃんって言われたらそれまでなんだけどさ、納得いかんぜあんなの。
しかもあの女がどうしても好きになれん・・・チャールズに『今まで3○人とやったの(人数忘れた。36人とかだっけ?)』とか言ったりさー、どうなのよそれ。もうこの人が出てくる度に『何しに来たんじゃ!』と苛々・・・あの人のどこが良かったんだよぅちゃーるず!!

最初書いた通り、英国風結婚式の様子やお葬式のシーンなどは大変楽しめます。葬式楽しんじゃダメだけど。でもこのお葬式のシーンは良かった。この映画の中で一番好きなシーンだなー。
あれだ、英国人のユーモア感覚って本当に素晴らしい。見習いたい。

かつて『Mr.ビーン』で一世を風靡したローワン・アトキンソンがいきなり出てきます。大笑い。お楽しみに。