Cinema Clip

ネタバレだらけの映画感想。和洋問わず古い作品が多め。

『風の輝く朝に』

王様の耳はイタチの耳


1984年
監督:レオン・ポーチ
出演:チョウ・ユンファイップ・トンアレックス・マン

舞台は1941年、太平洋戦争勃発により日本軍の侵攻にさらされる香港。
密航に失敗したフェイは日雇い労働で一緒になった若者と友人になるが、その友人の恋人を好きになってしまう。
香港侵略が進む中での、3人の三角関係と青春が描かれる。
3人は中国内地に渡ろうとするが・・・


-------------------------------------------------------------


日本軍の香港侵攻が背景となっているので、日本人が見るにはかなり酷な映画です。
ここで描かれてる日本軍の姿はそれはもう鬼畜の一言なんですが、たぶん真実なんだろうなと思ってます。日本の教科書からはこれ消えてるよね・・・
日本語字幕付きのDVDは廃盤になっているようで、手に入りません。レンタルにも置いてない。私は字幕無しのものをネットで観ました。でもねー、これは字幕無しでも話の流れがちゃんとわかる。わかりやすくてよく出来た映画です。
邦題も素敵だね。

ジョン・ウーの映画のイメージが強いチョウ・ユンファですが(私もそれではまったクチ)、このユンファはごく普通の青年を初々しく演じていてとても良い!ユンファ作品の中ではトップクラスです。
背景は暗いけど、ユンファとその友達、その友達の恋人のまあキラキラ輝いている事よ!暗い背景が霞んでしまうくらい、この3人が輝いてます。青春って素晴らしい。
ユンファは友達の恋人に片思いしてるわけですが、その秘めた想いがひしひしと伝わってきて大変胸が熱い。こうゆう登場人物の感情が字幕無しでも伝わるという事は役者さんが上手いんだよね。上手くて、演技が素直なんだ。ユンファが良い顔するんだよまた。
そしてこの3人の青春をぶち壊した日本軍が、同じ日本人ながら憎く思えてしまう。最終的にはやられちまってかわいそう感のある日本ですが、その日本も他の国に対してだいぶ酷い事やってたわけですよ。
こうゆう映画も日本人は見るべきだと思います。二度と同じ事繰り返さないためにも。他の国の戦争物を見るのは大事な事だと思う。いろんな視点から見るべき。

日本軍の日本語がスーパーカタコトでちょっと萎えますが、そこはまあ仕方ないという事で・・・


チョウ・ユンファと言えば劇団ひとりですが、若い頃の映画見るとほんと激似!!
王様の耳はイタチの耳

ユンファ良いよかっこいいよ。今度の映画も観に行けるかわからんけど楽しみだ。