Cinema Clip

ネタバレだらけの映画感想。和洋問わず古い作品が多め。

『眠らない街 新宿鮫』

眠らない街 新宿鮫 [DVD]

1993年
監督:滝田洋二郎
出演:真田広之、奥田瑛二、浅野忠信、田中美奈子 他

『鮫』の異名を持ち、警察内部の人間や暴力団から恐れられている新宿署の警部・鮫島。拳銃密造事件を追っていた彼は、ようやく居場所を突き止めた犯人に捕まってしまい…。


---------------------------------------------------------


鮫島強過ぎw
撃たれるか切られるかしない限りは無敵です。アクションシーンがさすがにサマになり過ぎてて笑える。こんな強い奴いねーだろ。
でも人としての弱さも持ってて、人間臭くて良い。こうゆうキャラクターが好きだし、真田さんがまたこうゆう役やらせたらほんと上手いんだわ。
ふとした表情で弱さをチラリズムさせるんだよねえ。良いですねえ。

拳銃の密造職人の木津(奥田瑛二)はゲイ。
この木津を単独で鮫島が追うわけですが(鮫島は警察署では孤立状態)、木津はゲイなので聞き込みやら捜査で入るところもゲイ絡み。ゲイだらけな映画。
チョイ役の大杉漣もまさかのオカマ口調。
サウナに入るシーンがあるんですが、ゲイの巣窟状態で鮫島をジロジロ見つめるゲイ達がキモ過ぎた。そりゃあんなかっこよくて良い体した男が入ってきたらジロジロ見つめるわな。気持ちはわかる。←

奥田瑛二って私はちょっと苦手っつーか嫌いな分野に入るんですが、これの奥田瑛二にはド肝を抜かれた。
中学の頃、あまりのインパクトの凄さに直視できなかった例の有名な拷問シーンですが、今見ても直視できなかった・・・この映画ってR指定だっけ?わからんけどこのシーンはR指定にしないとあまりよろしくないんでは・・・ある意味SAW的なグロ系シーンよりも刺激が強いと思うんだが。

鮫島が『警察をやめないんじゃない。やめられないんだ』って言った直後の木津の顔が激しくキモい。その顔でこっち見ないで!!
あのアドリブちゅーも『 何 故 や っ た 』と小一時間問い詰めたいところですが、あのシーンは真田さんも終始色気ムンムンだったので(何故・・・)奥田瑛二がちゅーしたくなったのも納得。←個人的見解
でもいくらなんでもあれは本気過ぎやしませんか・・・糸引くとかどんだけ本気・・・
そして真田さんのあの色気は何なのあれどこから出てくるのあの色気。木津のキモいドSエロっぷりだけでも凄まじかっただろうにプラスあの壮大な色気のおかげでとんでもない事になってます。ちゅーの後の顔とか凄いぞオイどうなってんだ。

これの直後に田中美奈子とのシーンがあるわけですが、対奥田とのシーンのおかげか全く色気を感じなかった。
うーん田中美奈子なあ・・・あんまり色っぽくないよなあ。ロックシーンがそこまでサマになってるわけでもないし胸も穴が開くほどおっきくないし、他に誰かいなかったのかね。

まだ今みたいな渋さが出る前の浅野忠信が犯人役で出演。
若!!めちゃめちゃ若いな!!やっぱり今の方がかっこいいねー。
キモい拳銃ヲタ(この映画キモい人ばっか)で松尾貴史も出てますが、ヲタ臭プンプンで良い味出てました。一体何がしたいんだかさっぱりわからん役だったけど。

木津が作ってる拳銃も面白い。ギター型だったり、ポケベル型だったり。ポケベル!懐かしい!
もっとあの、事件のキーになるテーマ曲が耳に残るくらい良い曲だったら良かったんだけどねえ。
でも真田さんは全編通してかなりかっこよかった!とても高校教師と同年とは思えぬ演技の幅の広さ。
通して観てて中弛みもしないし、刑事物としてとても良い作品だと思います。
でもタイトルに『眠らない街』は余計だったなあ。原作通り『新宿鮫』だけの方が良かったのになあ。なんか安っぽい日本映画みたいなタイトルでちょっと残念。


レンタルのDVDには原作の大沢さんと特ダネ笠井さんの対談が入ってました。
当時、大沢さんは『鮫島は真田広之で』と聞いて、真田さんじゃちょっと綺麗過ぎるんじゃないかと思ったそうな。
でもいざ公開したら、原作ファンから『真田鮫が好き!』っていう手紙をたくさんもらった、と。ほうほう。
んでやっぱり拷問シーンの話になってw 笠井さんは『真田さんの表情にエクスタシーのようなものを感じた』大沢さんは『凄い色気だった』と。
やっぱりみんな同じ事思ってたのね。

この世にも恐ろしい拷問シーンはつべにもニコ動にもアップされてますので。
わ ざ わ ざ こ の シ ー ン だ け アップされてますので。
気になる方は一人でこっそりどうぞ。

眠らない街 新宿鮫 [DVD]

眠らない街 新宿鮫 [DVD]