Cinema Clip

ネタバレだらけの映画感想。和洋問わず古い作品が多め。

『おとうと』

王様の耳はイタチの耳


2010年
監督:山田洋次
出演:吉永小百合笑福亭鶴瓶蒼井優加瀬亮 他

結婚してすぐに夫を亡くし、小さな薬局を営みながら、女手ひとつで娘の小春を育てた姉・吟子と、役者としての成功を夢み、無為に歳を重ねてしまった弟・鉄郎の物語。

※なんか監督批判みたいになってしまいました。山田洋次作品好きな方はこの先読まない方が良いかと思います。


----------------------------------------------------------------


冒頭に出てくる若い頃の鶴瓶の写真がしっかりアフロで吹いたw

この映画の何を楽しむって、やっぱり鶴瓶ですね。
鶴瓶良いね。良い感じに悪瓶ですね。蒼井優の結婚式破壊の一部始終はお見事。
吉永小百合の耐え忍び度(小百合作品には勝手に耐え忍び度を点けている)は低いかな・・・ここ近年だったら耐えてる順に北の零年母べえ→おとうと、かね。個人的には。

個人的な好みの問題ですが、私は山田洋次の作品はあまり好みではない。寅さんファンに怒られそうですが。
あのー、母べえたそがれ清兵衛もそうだったんですけど、見終わった後に余韻が残らないっていうか・・・
ですが最近友人と吉永小百合の話になって、『あの人はどの作品見ても耐え忍んでるな』と。んで先日テレビで母べえを観た事もあり、じゃあこれも観ておくかと。小百合がどんだけ耐えてるかな、と。
で、まあ思った通りだったんですけど。日本の映画監督はそんなに小百合に耐え忍ばせたいのか、それとも小百合がそうゆう役しかできないのか。←サユリストに殺されそう

余韻も何も残らなかったので、作品に対する感想が思い浮かばない・・・蒼井優加瀬亮も良い俳優なのに勿体ないなあと、無駄遣いだなあと・・・心理描写が表面だけで中身が無いっつーか。だから誰にも感情移入できないし何も残らない。これは別に俳優さんのせいじゃない。
たそがれ清兵衛もそうだった。何でこんなに評価されてるのかわからなかった。
そりゃ清兵様はかっこよかったよ、そりゃーもう。あの日本家屋の薄暗い雰囲気、ラストの泥臭い切り合いの描写は見事だと思った。通常の時代劇と違ってとてもリアルでいかにも日本!て感じだったので、外国人にうけたのもわかる。
でも・・・・観た後やっぱり何も残らなかった。見た目にはこだわってるけど、人物に関しては・・・正直、真田さんの宮沢りえに対する秘めた想いとか、宮沢りえの真田さんに対する想いとかがイマイチピンとこなかった。こんな風に感じたのは私だけだろうか。話は淡々と進むので余計そう感じた。

比べるのはおかしいかもしれないけど、ジェームズ・アイヴォリーの作品も淡々と話が進んでいく。でもこの人の映画に出てくる人たちはみんな内側に持ってる感情が凄く情熱的で重くて、だから淡々とした運びでも最後まで観られて、余韻が残る。
山田洋次の映画は、少なくともここ近年の作品にはそうゆうのが感じられない。
清兵衛なんて真田広之クラスタとしては真っ先にレビューを書くべき映画なんだろうけど、書く事に困ってしまって結局書けなかった。書けなかったというか書く気にならなかった。
清兵衛が真田さんじゃなかったら、果たしてあれほど評価される映画だったろうか?とさえ思う。

『おとうと』は、とりあえず結婚式で暴れる鶴瓶を観ればそれでオッケーです。あと突然出てくる中居くん。
そっから先は正直言って退屈だった。
でも他の方のレビューを見ると、やっぱり山田作品は絶賛されてるので・・・私の感性がおかしいのかな、読み取る力が乏しいのかなとちょっと考え込みましたが、もうこれは好みの問題という事でお許しください。


せっかくなんで吉永小百合の話を。
とにかくどの作品を観ても耐えに耐えてる小百合。一体いつからこんな耐える女になったのか。
私は全部の映画を観ているわけではないので何とも言えんのですが、昔再放送で観たドラマ版の『夢千代日記』はとても良かった。ビデオに録って観てた。これはおススメです。たぶん80年代前半あたりのドラマだったと思ったけど。ドラマ版も続編が作られたりしてますが、一番最初のやつね。最初のやつが一番良かった。
このドラマでは既に小百合は余命わずかな女を演じ、そして耐え忍んでいる。

中学の頃だったか、BSで『若い人』という映画を放送していた。
主演が石原裕次郎(まだ若くて細い頃)、共演は浅岡ルリ子(テラ美人)。小百合は教師の裕次郎に恋する女学生役で、10年以上前に1度見たきりですんで正直映画の内容はうろ覚えですが、今の印象とはだいぶ違う、理不尽でわがままで大人を振り回すそんなような役だった。裕次郎が完全に受側に回っていて『へえ〜こうゆう裕次郎も良いな』と思った記憶がある。
小百合にもそんな時代があったのね、と思って今調べたら、たぶんドカンと人気が出る前の作品だったっぽい。ここから後に『キューポラのある街』とか、浜田光夫とコンビでやってる映画が続く。若いという事もあると思いますが、明るくてハツラツとした印象。チラチラとしか観てないのではっきりとは言い切れませんが。

耐え忍び路線に行ったのは日活を出たからなのかな・・・って事で、これを機に日活出た後の小百合作品もちょいちょい観てみようと思います。
そして耐え忍び度を点けてみようと思う。
山田洋次は・・・正直たそがれの次の作品の時の発言に減滅した経験があるので、もういいや。