Cinema Clip

ネタバレだらけの映画感想。和洋問わず古い作品が多め。

『リング』



1998年
監督:中田秀夫
出演:松嶋菜々子真田広之竹内結子 他

説明不要じゃぱにーずホラーの代表作。
くーるーきっとくるー♪


------------------------------------------------------


夏に見直したのに感想書くのすっかり忘れてました。

ちまたで流行りの『呪いのビデオ』の取材の仕事をしている松嶋菜々子
ある日、菜々子の姪っ子・竹内結子が変死。どうやらその原因が呪いのビデオらしいのだ。菜々子は竹内結子が友人たちと一緒に泊まった伊豆の貸し別荘へ行き、呪いのビデオを発見。ついに中身を見てしまうのだった。

この呪いのビデオ、見てしまった者は1週間以内に別の人間にも見せないと呪いの力で死んでしまう。菜々子は悩んだ末、元夫である真田さんに助けを求める。真田さんはヒゲ面色気ムンムンな大学教授でイケメンでこんなにかっこいいのに菜々子よ何故離婚した!!っていう話なんだが、真田さんはちょっと変わった超能力の持ち主だったのだ。それが原因で別れる事になったわけですね。いやしかしもったいない。
菜々子はポラロイドカメラを真田さんに差し出し、自分を撮ってくれとお願いする。カメラの方を見ない菜々子に向かって、真田さんええ声で『こっち向けよ』。私も真田さんにこっち向けよって言われた(ry
撮った写真を見てみると、菜々子の顔は大きく歪んでいた!!キャーーー!!!!

最初は半信半疑だった真田さんもこりゃおかしいぞって事で、菜々子と共に奔走してくれます。言い方、話し方は冷たいけど別れた妻のためにこんなに協力して頑張ってくれる元夫はおらんぞ。ああかっこいい素敵かっこいい!
ビデオを元に新聞を調べた結果、『山村志津子』という女性に当たる。彼女は40年前に大島の噴火を予知していた。菜々子は真田さんと大島へ向かうために息子を実家の父のところへ預ける事にするが、なんと息子、夜中に何故か呪いのビデオを勝手に見てしまう・・・息子は何かを感じていたのです。真田パパのDNAをしっかり受け継いでいたのです。菜々子大パニック!

さあ、志津子の実家である旅館にやってきた二人。しかし家の人は何も話してくれず、時間のない菜々子は精神的に追い詰められていく。真田さんは菜々子をなだめようとするが、『竜司さんなら大丈夫よ!』と菜々子に言われて『俺がまともじゃないからか』と静かにキレる。そのキレ方素敵。
しかしここでその『まともじゃない』力を発揮する真田さん。志津子の従兄弟にあたるじーさんを問い詰め、体に触れた瞬間に全てが見えた。

志津子の予知能力で金儲けしようとしたじーさんは周りに志津子の能力を広め、大熊という大学教授にも紹介。教授の実験にも立ち会っていた。マスコミも物珍しさに群がるが、やがて『イカサマ』だの『不気味』だのと罵られるようになる。志津子の娘である貞子は、自分の母を罵ったマスコミを怨念の力だけで殺した。志津子は苦悩し、自殺する。

『そのビデオはこの世のものではない。貞子の怨念そのものだ』by真田さん

呪いのビデオに映っていた井戸は、冒頭で竹内結子が友人たちと泊まった貸し別荘の下にある事も判明。貞子はおそらくそこで死んだに違いない。という事で、貞子の魂を救ってやるため、二人は井戸へ向かう。
時は菜々子がビデオを見てから1週間目。最終日である。

真田さんが井戸の中にボチャンと入り水を汲み、上から菜々子が引き上げるのだがこれ体力的には最初から逆にした方が良かったんじゃないのかね。真田さん的には、井戸の中に何があるかわからんし、貞子がどんな姿で現れるかわからんし地上にいた方が安心だしって事もあったんだろうが、女が何度も何度も井戸の水引き上げるのって相当きついよね。
で、やはり体力尽きた菜々子は真田さんと交替して井戸の中へイン。精神的にも体力的にもギリギリの菜々子は意識朦朧で『どこにいるの〜』とばちゃばちゃ探します。

すると、手に髪の毛らしきものが絡みつき・・・ギャーー!!
ずる剥けるようにして落ちた髪の毛の中から現れたのは、貞子の頭蓋骨・・・ひいいいい!!

菜々子は貞子の頭蓋骨を抱きしめ、貞子の頭蓋骨の目の部分からは涙のように水が流れ落ちた。
菜々子が死ぬはずの時間は過ぎていた。貞子の呪いは解け、二人は助かったのだ。

東京の自宅へ菜々子を送り届け、『俺は明日論文の締め切りだ』と言い残し爽やかに帰っていく真田さん。あんたほんとに素敵な元夫だったよ。菜々子も惚れ直したに違いない。

って事でめでたしめでたしと思っていたら、論文を書いている真田さんの後ろにあるテレビの電源が突然入る。
その画面に流れていたのは、あの呪いのビデオで流れてはいなかった、井戸から這い出してこちらへ向かってくる貞子の姿であった。真田さんパニック!!そして、真田さんはある重大なミスに気付き、菜々子の名を叫ぶがもう遅い。
テレビからぬぅっと出てきた貞子はカックンカックンしながら真田さんに近づく。デッデンデッデンデッデンデッデン♪
腰の抜けた真田さんは必死で逃げるが・・・・・・・!!!!!!

この壮絶なシーンで何人の小中学生がトイレに行けなくなった事でしょう。
わしは風呂にも入れんかった。

真田さんの死を知り愕然とする菜々子。
真田さんのアパートへ向かうと、真田さんの教え子であり第一発見者の中谷美紀がうずくまっていた。何があったのかと聞いても、『先生の顔・・・!』としか言えない中谷美紀
一体何がいけなかったのか。何故自分だけが助かり、真田さんは死んでしまったのか。そして、ビデオを見てしまった息子も真田さんと同じように死んでしまうのか・・・

ふとテレビを見ると、頭に布をかぶりカバンを指差す真田さんの姿が映っていた。カバンの中から2本のビデオテープを取り出した菜々子は、ついに真田さんが死ぬ間際に気付いた事に自分も気付く。
『ダビングしたテープを他人に見せてない・・・!』

結局、貞子の呪いなど解けていなかったのだ。
息子を守るため鬼になった母・菜々子は、ビデオテープとデッキを持って父と息子の待つ実家へ向かうのだった・・・

貞子の呪いは永遠にループするのか?
『リング2』へ続く!!


本編とは全く無関係ですが、公開当時菜々子と真田さんがテレビに出ていて、菜々子が『嫌がる真田さんを無理矢理引っ張って一緒にプリクラを撮った』と話していて大変うらやましく思った事をいまだに覚えている。
真田さんとプリクラ・・・・いいなあ・・・・

リング Hi-Bit Edition [DVD]

リング Hi-Bit Edition [DVD]