Cinema Clip

ネタバレだらけの映画感想。和洋問わず古い作品が多め。

『風が強く吹いている』



2009年
監督:大森寿美男
出演:小出恵介林遣都渡辺大津川雅彦 他

箱根駅伝を舞台にしたスポ根映画。
あまり期待せずに観たんだけど、意外と良かったよ。


---------------------------------------------------


思ったよりスポ根スポ根しててちょっと驚いた。
ルーキーズを駅伝にしてみました、みたいな。

万引きして逃走していたところ、小出くんと偶然出会った林くん。小出くんは大学の弱小長距離部の主将で、林くんの走りを見て『こいつだ!』と思い立ち即行勧誘。無理矢理下宿先へ連れて帰る。
下宿先の住民は若干チャラい双子、ヘビースモーカー、運動音痴のマンガヲタ等、とても箱根を目指せるようなメンバーではなかった。斉藤兄弟はどえらい濃口顔に成長したな。ソースです!!って感じ。
しかしそんなメンバーをうまぁ〜い事まとめていく小出くん。メンバーは練習に励み、最初はツンケンだった林くんも徐々に本気を見せ、仲間意識も芽生えていく。

林くんは高校でも陸上をやっていたが、顧問とソリが合わず問題を起こし、そのまま退部。一方小出くんの方は有能な選手であったが、故障が原因でくすぶってしまっていた。

そして予選をギリギリ9位で通過。
後半1時間はほぼ箱根駅伝のシーンになります。

陸上やってる人や過去に駅伝に出た経験があるなんて方は結構胸が熱くなるんではないですかね。私は運動音痴で長距離なんて不得意中の不得意ですが、それでも駅伝のシーンは釘付けになった。
映像もとてもリアルで、ほんとに正月の箱根駅伝を見ている気分。
ただ最後がねー、くどいよねえ・・・そこまで引っ張らんでもええやないか。っていうかここで感動させて泣かせよう!って魂胆が見え見えで、それまで結構ワクワクして観てたのに最後の最後で一気に冷めてしまった。
そこ以外は良く出来てるスポ根ドラマって感じで途中退屈する事もなく。スポ根ものってあまり観ないんですけど、たまには良いね。

カメオがなかなか豪華で、林くんの高校の陸上部顧問が寺脇康文が出てきたり、敵側の顧問でいきなり近藤芳正が出てきたり。どこかで聞いた声だなと思ったら鈴木京香だったり。
クレジットに和久井映見の名前もあって『えっ、どこに出てた?』と思って調べたら、メンバーの一人のお母さん役で声のみの出演だった。すんごい訛りの入った喋り方だったので誰だか全くわからなかった。

小出くんの台詞だけ妙にクサいのが最後まで気になった。リーダー格なので多少クサくなるのは仕方ないかもしれないけどどうにも浮いてるっつーか。スポ根の台詞ってこんなもんなのかね。
林くんはランニングフォームがむちゃくちゃキレイで本物の選手みたいだった。運動神経良いんだろうなあ。台詞回しはたどたどしかったけどまだまだこれからの人だし、まあ良いじゃない。
津川雅彦は『実は昔凄い選手だったのだ!』みたいな事実が出てくるのかと思ってたら普通のおっさんのまま終わってしまった。



いやしかし、小出くんは良いですなー。同い年なんだけどね。
最近の若い人は線が細いよなあ・・・って事で、若い俳優さんにサッパリ興味の持てない私は映画の最初の方を見てて途中で観るのやめてしまうかもしれないな、と思ったんだけど。
器の広い役どころだったせいもあるかもしれんですが、見た目に反して(見た目はかわいい系だよねどちらかといえば)妙な貫禄と包容力みたいなものを醸し出していた。で、時々わりと渋い表情をしたりする。
これは将来、ひょっとするとひょっとするかもしれませんな。
期待大。